今日も鬱だけど一歩だけ歩いてみる

ゲーム、多肉植物、その他色々……好きなことをちょっとずつご覧ください。

MENU

中古でジェンガ買ったから一人で遊びたかった男の末路

霧涼アリカです、おはようございます。

 

あれは確か春ごろ、ふと見かけたハードオフで見かけたんです。

 

324円の中古ジェンガ!

 

調べてみると意外と高いんですよ、ジェンガ。

つい買っちゃいましたね。

 

ということで、今回はなんとなくジェンガの記事!

 

気楽にさらっと読んで頂けると幸いです。

 

 

 

中古でジェンガ買ったから一人で遊びたかった男の末路

 

ジェンガとは

ジェンガは、同サイズの直方体のパーツを組んで作ったタワーから崩さないように注意しながら片手で一片を抜き取り、最上段に積みあげる動作を交代で行うテーブルゲーム。おもにパーティーゲームとして利用されている。

Wikipediaより引用

 辞書って凄いですよね、ジェンガを文字で伝えるとかとても凄い。

 

そんな訳で購入したジェンガがこちら。

f:id:muryoari:20191125223057j:plain

 

古っ!

 

f:id:muryoari:20191125223123j:plain

 

中身の説明も、写真の人が物凄く時代を感じますね。

しかも販売会社をよーく見てみると、

 

f:id:muryoari:20191125223233j:plain

野村トーイ

 

f:id:muryoari:20191125223527p:plain

聞いたことが無いぞ・・・・・・。

 

調べてみると、野村トーイはかつて存在した日本企業らしいです。

 

で、ここからが意外なところ。

 

謎ジェンガの歴史

日本においてジェンガは、タカラトミーで主に販売されていたようですが、2018年で販売終了。

それ以降は、欧米で販売を行っている『ハズブロ』という会社が販売しているみたいです。

 

日本支部は1998年に経営不振で解散したみたいですが、2018年に再び設立。ジェンガはタカラトミーに業務委託していたので、ハズブロに戻った形ですね。

 

そして件の野村トーイは老舗玩具メーカーで、1992年にハズブロに買収されたみたいです。

我が家にあるジェンガは1986年製みたいなので、買収前に版権を買って販売していたのでしょうか。30年前に幼少を過ごしていた方には馴染みのある会社なのかも。

 

なんか意外なところからジェンガの歴史を垣間見てしまいました・・・・・・。

そもそも30年前のジェンガが現役って時点で謎です。

 

 

ジェンガで遊ぼう

さあ、今は家に一人しかいません。

一人で遊びましょう。

f:id:muryoari:20191125224702j:plain

前の持ち主がそんなに遊んでいなかったのか、箱はボロボロですが状態は綺麗なんですよね。

まあ、膨張してるんだか良く分かりませんが、メチャクチャ滑りが悪いので難易度は非常に高いです。

とりあえず、限界を目指して抜いていくことにしましょう。

f:id:muryoari:20191125225007j:plain

畳マットの上でやってるからか、バランスが悪くて滑りが悪くて難しい。

あと一人でやってるからむなしい。

 

言い忘れましたが、私はジェンガ苦手です。

よく家に来る友人が異常に強く、奴には一度も勝てたことがありません。

 

しかし、ここには自分ひとりだけ・・・・・・。

己に打ち勝つのだ・・・・・・ッ!

f:id:muryoari:20191125225302j:plain

f:id:muryoari:20191125225312j:plain

f:id:muryoari:20191125225344j:plain

 

あっ。

 

倒れたので試合終了です。

 

 

一人ジェンガを極めよう

ジェンガの遊び方って、今は色々あるみたいですね。

新製品も発売されていて、ルールも多様みたいです。

ドミノ倒しも出来ますし、ジェンガは万能ですね。

 

 

 

 

 

f:id:muryoari:20191125225529j:plain

ではこれで頂上を目指すとしましょう。

 

 

 

f:id:muryoari:20191125225622j:plain

 

思ったより良い調子ですが、普通に遊ぶよりも難易度が高いです。

下から重ねていくので重心の取り方が分かり辛いし、接地してる面積が少ないので序盤からグラグラしやすい。

一人で遊びたいときにはおススメな遊び方かもしれないですね。

f:id:muryoari:20191125225827j:plain

なかなか良い調子。

ここまで20段で、合計54ピースあるので半分近くまできましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:muryoari:20191125230005j:plain

はい。

 

 

ついでなので、ジェンガで調べてて凄い積み方をしてる画像があったので真似してみます。

f:id:muryoari:20191125230115j:plain

二段重ねをやろうと思ったんですけど、難しかったので諦めました。

 

f:id:muryoari:20191125230156j:plain

 

いっぱい立てると思ったよりいい感じ。

川原で石を積み重ねるのは『石花』と呼ぶらしいですが、ジェンガでも重ねてみると楽しいですね。

こう、無心でバランスを取って重ねていると、幼い頃の気分が蘇ってきて懐かしい。

 

 

川原で石積みしてこようか、・・・・・・賽の河原かな?

 

f:id:muryoari:20191125230545j:plain

f:id:muryoari:20191125230610j:plain

 

ついでなのでライトアップしてみました。

インスタ映え狙ってみましたが、畳で寝床の部屋じゃインスタ映えもなにもないですね。

 

以上、一人ジェンガの末路でした。

 

感想

思ったより楽しい

 

けど

 

片付けが寂しい

 

 

しょうもない内容でしたが、ご覧頂きありがとうございました。

次回はまともな内容にしようと思います。

 

投稿:2019年11月26日 

 

▽ツイッターやってます▽ 

▼応援して頂けると嬉しいです▼

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村