今日も鬱だけど一歩だけ歩いてみる

ゲーム、多肉植物、その他色々……好きなことをちょっとずつご覧ください。

MENU

鬱になる切っ掛けって何があるの? 個人的に3パターンで分けてみます

おはようございます(重要)!霧涼です。

 

なお、今回は引用もなくただただ個人的な経験談を元に書きますので、そういった内容が苦手な方はブラウザバック推奨です。

 

そして今回の記事では鬱で倒れることを『爆発する』と書いていますが、これは個人的に鬱は溜まって爆発するものだと思っているので、そう表現しているだけです。特に深い意味はないのでご了承ください

  

 

 鬱になる切っ掛けって何があるの? 個人的に3パターンで分けてみます

 

鬱になる切っ掛け

 私は鬱になったとき、両親によく言われたことがありました。

「鬱になるってことは、なにか原因があるんじゃないのか?」

いまでもたまに言われますが、要するに切っ掛けですね。

前回、最後の方に脳内の仕組みとして発症する理由をさらっと書きましたが、こちらは自分の感覚として何故鬱になったか、です。

とても個人的な経験が多くなりますし、引用もないのでご注意ください。 

 

私の鬱が爆発した回数はもう数えられません。

大きな事があって爆発したり、発作的に数カ月おきに爆発したりと散々なので、ここでは大きく3パターンに分けて紹介します。

 

 

www.utudemoippo.work

 

 滅茶苦茶長くて日記みたいなものなのですが、前に書いた記事も参考になるかもしれません。

 

パターン1:普通に爆発した

変な文ですが、こう言うしかないです。

 

普通に徐々にストレスが溜まり、ゆっくりと精神的に不安定になりつつ身体にも影響が表れ始め、積りにつもって爆発、寝込むパターンです。

これはゆっくりと進行していくため、自分としては「なんか不調だなー」としか感じず、あとになってから「あ、鬱だったんだ」と目が覚めます。

 

周りから見ていれば明らかに不調なのが分かりますし、もしそういった人を見かけたら気にかけてあげるといいかもしれません。

ただ本人はただの体調不良としか思っていないので、事の重さについてはさっぱり理解していません。気づくのは全部終わった後です。

 

なので、もし爆発する前に回避したい時は、自分の場合は自分自身をよく理解してあげること。

明らかな不調、それ普通ですか? ここ暫くいつもの事だから、なんて考えて自分に無理をさせたまま過ごしていませんか?

 

回避させてあげたい場合は、事の重みに気付かせてあげること。

本当に大丈夫だから、なんて言ってその人は無理をし続けます。私がそうです。大丈夫と言って大丈夫じゃないのはデフォルトなので、気付かせて助けてあげてください。

 

パターン2:達成感から爆発した

ギャグみたいな見出しになってしまいましたが、これもたまにあります。

 

例えば、自分が舞台に立っていた時の事です。

長いこと練習して、本番大成功することができました。

皆と感動を分かち合って、頑張ったぜーと喜び、次の日ポーンと気の抜けた爆発をしました。

 

自分の性格的な問題もあるんでしょうが、頑張って頑張って、ついにそれが報われた! ってなると、それまで張っていた緊張が抜けてしまい、抜け殻みたいな状態になってしまうんです。これはあまり重くはないので、割とすぐ回復します。

 

流石に周りがどうする事も出来ないので、解決するには自分自身の問題となります。

常に目標を持ち続けて達成したら次の目標へ、なんてのは言うのは簡単ですが結構負荷の掛かることです。別のストレスになるかもしれないのでお気を付け下さい。

 

自分の場合はポーンと抜けたら抜いて、ちょっと一休みします。

それから抜け殻になった自分の中に好きなものを見たり聞いたりして、新しく燃えられる事を探して再出発、なんてことをしています。

もしくは、頑張るのもいいけど程々に、と自分に言い聞かせるのも一つあるかもしれないですね。

 

 

パターン3:理解した上で爆発

これは2回経験があります。

しかも、様々な理由からどうしようもなくなり至ってしまいました。

 

片方の状況を説明すると、これは数ヶ月前の話になります。

私は退職してフリーターとなり、以前お世話になっていたアルバイト先で働いていました。時給は1000円で、仕事内容も特に酷かったり難しかったりしません。

 

ただ、問題なのが税金です。

住民税や保険料は前年度の収入によって計算されるので、前年の定職に就いていた頃の収入ベースで出されます。

 

するとどうなるでしょう。彼女と同棲してはいますが家賃は自分持ち、圧し掛かる税金に普段自分で使う物などの雑費もあります。ちょっとフリーターだときついです。

ある頃から自分の体調が悪くなっているのには気づいていましたし、精神的にも落ち込んで趣味の時間が減りました。寝つきが悪くなって徐々に体力が落ちているのもわかります。

 

けど、休めないんです。ちょっと休んで回復しよう、なんてやると生活できなくなってしまいますから。

結果、ずーっと地上スレスレの低空飛行を続け、最後には仕事でちょっとしたミスをしてしまったのを切っ掛けに爆発。意思疎通も出来ないほどに寝込みました。

 

この爆発で恐ろしいのは、進もうが引こうが爆発することですね。

ちなみに爆発する最後の切っ掛けであるちょっとしたミス。これ、本当に寝込む必要もない単なる勘違いで起きたんです。

でもそれが原因で低空飛行に失敗、地面に激突した訳です。

 

もう1個の方は、退職する切っ掛けです。

笑わないでください。

寝坊です。

はい。本当にただの寝坊で、鬱が爆発してダメになりました。

もう自分が駄目だと分かっているのに、生活のために頑張って、無理して低空飛行でも働き続けて……最後にはあっけなく些細なミスで大爆発です。

 

分かってはいるんですけどね、止められませんでした。

これは本人ではちょっと難しいかもしれません。分かってて突き進んでいますし、止まっても駄目ですから。

 

なので周りの人が気付いてあげて、地上に激突する前にクッションを挟んであげるのが一番だと思います。

 

疲れきってそういう考えすら回らなくなっているかもしれませんが、自分自身でも止められる方法はあります。

  • 会社に休めるような制度は存在していませんか?
  • なんなら一発辞めて雇用保険に入ってるなら使っちゃいませんか?
  • お金の事なら、相談できる役所だったりや人はいたりしませんか?

自分への回顧を含め書いてみましたが、もし今後自分で同じ状況になった時、この記事を書いたことを思い出して次こそ爆発しないようにしたいものです。

 

 

終わりに

ちょっとタイトル通りに話が纏まったか微妙ですが、これにて締めさせて頂こうと思います。

あんまり興味のある内容だったり、納得できるものじゃないかもしれませんが、こういう人もいるんだよって程度に思っておいてください。

 

 

▽ツイッターやってます▽ 

▼応援して頂けると嬉しいです▼

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

投稿:2019年10月20日

改稿:2019年12月1日